景福宮に行きたい

景福宮に行きたい

삼각김밥은 경복궁에 가고싶다

韓国ドラマ「恋愛ワードを入力してください~SeachWWW~」感想

韓国ドラマ「恋愛ワードを入力してください~SeachWWW~」

インターネットのポータルサイト業界で働く3人の女性の仕事と恋の物語。

立場や信念のちがう3人の女性を活き活きと、おしゃれに描いていてとても素敵なドラマでした!

f:id:kyonbokkun:20210213141903j:plain:w450
出典:tvN

恋愛ワードを入力してください~SeachWWW~

作品情報

原題 검색어를 입력하세요 WWW(検索ワードを入力してくださいWWW)
tvN
2019.06.05~2019.07.25
制作 Hwa&Damピクチャーズ

演出

チョン・ジヒョン『ミスターサンシャイン』合同演出
クォン・ヨンイル『(知ってることはあまりないけれど)家族です』

脚本

クォン・ドウン
「トッケビ」「太陽の末裔」のキム・ウンスク作家のアシスタントを務めていた方で本作が初脚本作品。初とは思えない完成度。

キャスト

イム・スジョン / ペ・タミ(タミー)役
『ごめん愛してる』『あなたの初恋探します』『シカゴタイプライター~時を越えてきみを想う』

イ・ダヒ / チャ・ヒョン(スカーレット)役
『秘密』『君の声が聞こえる』『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』

チョン・ヘジン / ソン・ガギョン役
『ごめん愛してる』『白頭山』『ミスティ~真実の愛~』

チャン・ギヨン / パク・モゴン役
『マイディアミスター』『ここに来て抱きしめて』『キル・イット~巡り会うふたり』『甘酸っぱい

イ・ジェウク / ソル・ジファン役
『天気が良ければ訪ねて行きます』『偶然みつけたハル』」『ドドソソララソ

あらすじ

ポータルサイト業界1位の会社「ユニコーン」でサービス戦略本部長を務めるペ・タミ(イム・スジョン)は急上昇ワードを意図的に操作したとして理不尽に会社を解雇されてしまう。敵対する関係になってしまったが、過去には信頼する先輩であったソン・ガギョン(チョン・ヘジン)にも裏切られ傷つくタミ。
その後、業界2位のライバル会社「バロ」にスカウトされ転職。古巣のユニコーンを倒し、「バロ」を業界1位にすることを決意する。

ある日、タミはゲームセンターで知り合った男性とお酒の勢いで一夜を共にしてしまう。その男性はゲーム音楽会社ミルリムサウンドの社長のパク・モゴンだった。なかったことにしたいタミはモゴンを避けるが、モゴンの積極的なアプローチに徐々に心を開き始める。


youtu.be



好き度🍙★★★★☆

いろんな要素が入っているので、どんなタイプの人も楽しく見れるドラマだと思います。
おしゃれな雰囲気も「今の韓国っぽさ」がでていて、おすすめドラマです!




感想

インターネットのポータルサイト業界で働く3人の女性の仕事と恋の物語。

立場や信念のちがう3人の女性を活き活きと、おしゃれに描いていてとても素敵なドラマでした!

女性がメインのお仕事ドラマという点やインターネットをテーマにした点など、新しい時代を意識したドラマのように感じました。

f:id:kyonbokkun:20210213142229j:plain:w450
出典:tvN

※以下、内容を推測できる文章があります

身近なテーマなのに新鮮

まず、ポータルサイト業界を舞台にしたドラマというのが新鮮でおもしろい!
ポータルサイトとは韓国でいえばNaver、日本でいえばGoogleやYahooなど、検索エンジンのサイトです。

「私たちの一日は検索ではじまる検索で終わる」のキャッチコピーどおり、私たちの生活の一部になっているインターネットの世界をこういった目線で描いたドラマは今までなかったように思います!

単なるお仕事ドラマとしてだけでなく、トレンドワードの操作や政治介入、デマの拡散、公共のサービスは個人のプライバシーを侵害しても良いかなど、メッセージ性のある内容でとても見応えがありました。



業界1位のユニコーンと2位のバロの社風の違いを描いているのもおもしろかった!

業界1位のユニコーンは従来の縦社会型の会社で財閥から圧力を受けてコントロールされている。

業界2位のバロは互いを役職ではなくイングリッシュネームで呼び合い、誰に対しても敬語で話すなど自由な社風。

時代の移り変わりをうつすインターネットの社会で生き残るのはどちらの会社なのか。
下剋上の香りがします…


初めはそりの合わない二人が徐々に心を近づけるバディモノ的要素もあり、テンポよく展開が進むので、のめり込んであっという間に見終わってしまいました。

韓国ドラマは後半にむかってぐだぐだになることが多い気がするのですが(個人的見解)最後まで脚本に一貫性があって、最終回にはきっちり伏線回収してくれて超絶すっきりします!見せ場のシーンは演出もOSTも最高でかっこいい!


3人のWoman

ペ・タミ(タミー)/ 演:イム・スジョン

f:id:kyonbokkun:20210213142148j:plain:w450
出典:tvN

長年尽くしてきた会社を不当に解雇され、「必ずバロを業界トップにする」という条件で転職。負けず嫌いで、仕事人間。バロを業界トップにするためなら何でもする。

気が強くて自己主張の強いタミが、スカーレットと対立したりブライアン(代表)に諭されたりしながら自分のやり方を振り返るという話が物語の主な流れ。

自己主張が強くて強引なキャラクターなのに嫌みなく見れるのはイム・スジョンの柔らかい雰囲気のおかげだと思う。
イム・スジョンきれいだけど特に印象に残らない「普通」な女優さんだなと思っていたので、タミのキャスティングが逆に良い。

タミのファッションがすごく好みでした~


チャ・ヒョン(スカーレット)/ 演:イ・ダヒ

f:id:kyonbokkun:20210213142154j:plain:w450
出典:tvN

義理に厚く正義感が強い。曲がったことが嫌い。口よりも先に手が出る。転職してくるやチーム長になったタミとそりが合わず反発する。

3人の中でいちばん好感もてるスカーレット^^
ちょっと奇抜でバロっぽいファッションも好き。

ただただタミに反発する役かとおもいきや、スカーレットの人柄がきちんと描写されているのが良かったです!

特に、酢豚スタンプのエピソードはスカーレットの仕事への考え方がよくあらわれている上に笑えて大好きなシーンです。

ほしい、あのスタンプ。

それにのっかるブライアンも最高。(ブライアンは理想上司ランキングにランクイン☆)

ソン・ガギョン / 演:チョン・ヘジン

f:id:kyonbokkun:20210213142157j:plain:w450
出典:tvN

ユニコーンの代表理事。かつてはタミと良い仕事仲間だったが敵対する関係に。財閥の御曹司と政略結婚をして、姑のいいなりの人生を送っている。

お姑さんが怖すぎるのは確かにわかるんだけど…ここまでになるまでにもうちょっとがんばれんかったかい?と思いながら視聴。

タミとの対立シーンでは腹が立ち、お姑さんとのシーンではかわいそうになり、視聴者の感情をふりまわすタイプのキャラ。

後半の反撃は気持ちいい^^
すっきり担当。

WWWの意味

私はドラマを見終えるまで、タイトルの『WWW』がインターネットのURLについてるwwwつまりWorld Wide Webのことだと思ってました。

でも最終回まで見ると『WWW』がソン・ガギョン含めて3人のWomanをあらわしていることがわかります。

World Wide Webと3人のWomanをかけているわけです!
しゃれてるぅ~

よく見ると公式ポスターもそういうデザインになってる!!!
はやく気づきなさいよ!


「恋愛ワードを入力してください~SeachWWW~」という邦題

「検索」を「恋愛」に変えたのは、まあいつもの恋とか愛とか入れたがるピンク色のアレだとして。
わざわざSeachを入れたのはインターネットに詳しくない人にも伝わりやすくしたのかと思っていたのですが。

日本版パッケージからはソン・ガギョンがいなくなり、代わりにタミの恋のお相手パク・モゴンが入っています。

これは、ラブ推しのためにあえてソン・ガギョンを消し、あえてWWWから3人のWomanという意味を消すためにあえてSeachをいれたのでは?と勘ぐってしまいます。

ダサい邦題をつけられることは(もう慣れっこで)諦められるんですが、作品の本来のテーマを変えるような変更は制作者たちにも失礼だし、パケを信じてドラマを選ぶ日本の視聴者に対しても裏切り行為だと思います。


「元カレは天才詐欺師」以上にひどい邦題が出てこないことを祈っていたのですが、「恋愛ワードを入力してください〜SearchWWW」がそれに並ぶアカン邦題になってしまって、ドラマが素晴らしかったぶん本当に残念です。


3人の恋愛

ペ・タミ×パク・モゴン

f:id:kyonbokkun:20210213142300j:plain:w450
出典:tvN

精神年齢落ち着いてる年下男子との恋愛かー最近流行ってるなーこの設定(棒)などと思いながらもなんやかんや楽しく見てました。
好きです、この流行りの設定♡

チャン・ギヨンがね~
笑った顔が瀬戸大也にしか見えんなあ~なんて思っていたのが!

どんどんかっこよく見えてきます!

どんどんどんどんかっこよく見えてくるタイプの方です!(注意喚起)

タミに「老けすぎてる」と言われるモゴン。

チャン・ギヨンは1992年8月7日生で役柄と同じ28歳(2021年現在)ですが、確かに35歳といわれても納得しそう…
実際にはイム・スジョンと13歳 差ですがまったくそう見えないのがすごい!


このふたりの恋愛は、世の女性の願望と理想をミックスした感じ???ファンタジー???

年下男子(しかも会社代表、かつイケメン)に積極的に迫られて。拒否しても迫られて。僕をキープしてとまで言われて…。
タミは恋愛においてはかなりめんどくさいタイプの女だと思うのに、なぜそんなにモゴンがタミに夢中なのかよくわからなかったです…確かに美しいけども!

あいまいな態度をとるタミに、はっきりしなさいよ!仕事の時の決断力どこいったん?とややイライラ。

ビジュアル的にはとてもお似合いなおふたりなので、目の保養にはなりました…

チャ・ヒョン×ソル・ジファン

f:id:kyonbokkun:20210213142308j:plain:w450
出典:tvN

このふたりの恋愛は癒しでしたー♡

彼のためにいろいろがんばっちゃうスカーレット、モジモジしちゃうスカーレットがかわいくて。

ドラマ内ドラマでイ・ジェウクがわかめビンタ(笑)された時には、突然の登場に?!?!?!?!となったけど、このふたりらしいコメディラブでとっても癒しになりました!

今ノリにのってるイ・ジェウクさん、私は今回が初めましてだったのですが、他のドラマも見てみたい!

イ・ダヒがかなり身長高いのに、ダヒと並んでバランス良いイ・ジェウクの身長は?

なんと187cm!
高い〜!韓国の俳優さん高身長率高い〜!

そしてこちらのカップルも実際は13歳差というから驚きです!!!
同い年っていってもいけるよね?

ソン・ガギョン×オ・ジヌ

f:id:kyonbokkun:20210213142316j:plain:w450
出典:tvN

このふたりの場合、恋愛といっていいのかよくわからないけど。
切なく漂う大人のムードが素敵でした。

財閥御曹司のジヌがガギョンに抱いている感情が、愛なのか申し訳なさなのか哀れなのか。

このふたり、夫婦になって10年間1度もスキンシップなしなのかな?♡などと考えてしまった下衆な私を許してください。

このあとふたりの関係はどうなったのか、スピンオフ作ってほしい!


検索トレンドワードとSNS

日本のドラマとちがって、韓国ドラマの情報は日本では自分から探しにいかないとなかなか手に入りません。

私はTwitterやInstagramでtvNやSBSなどをフォローしているのですが。

このドラマのSNSの使い方がとってもおもしろくて好きでした!


タミのスカーレットへの台詞
「私の背が低いんじゃなくて、あんたが大きいのよ」

この回の放送後に「イム・スジョン 背」がトレンドワード19位に上がった時の公式ツイート
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


과연누가쪼꼬미인가
(はたしてどっちがちびっ子なのか)
イム・スジョン167cm
イ・ダヒ176cm


インターネットの世界に慣れている人には現実とドラマの世界が交差している感覚を楽しめるし、トレンドワードについてピンときてなかった人にはトレンドワードの意味を楽しく理解できる。

この「遊びながら」注目を集めるマーケティング戦略が、まるでスカーレットの酢豚スタンプのようでとても好きです^^
担当者さんのドラマへの愛を感じます♡

OST

OSTも超よかった!

MAMAMOO大好き!
やる気の出ない朝の電車の中やテンションあげたいプレゼンの前に聞きたい!

youtu.be




こっちも好き。

youtu.be



おまけ

少し前にTwitterでこんな質問をしたら丁寧に答えてくださる親切な方がいて。


어장관리 漁場管理

このドラマ、この単語やこれにまつわるワードがたくさん出てきて勉強になりました^^
勉強もがんばろっと。