景福宮に行きたい

景福宮に行きたい

삼각김밥은 경복궁에 가고싶다

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」感想

イ・ミンギ × ソ・ヒョンジン
相貌失認症の男性と月に1週間他人の姿になってしまう女性のラブストーリー。

ハン・ヒョジュ主演の映画「ビューティーインサイド」原作のリメイクドラマです。

f:id:kyonbokkun:20210619114330j:plain:w450
出典:JTBC

作品情報

原題 뷰티인사이드(ビューティーインサイド)
2018.10.1~2018.11.20
JTBC

演出

ソン・ヒョンウク
『内省的なボス』『また!?オ・ヘヨン』

ナム・ギフン

脚本

イム・メアリ

キャスト

ソ・ドジェ役/イ・ミンギ
『がんばれ!クムスン』『タルジャの春』『この恋は初めてだから

ハン・セゲ役/ソ・ヒョンジン
『また!?オ・ヘヨン』『大好きだから』『浪漫ドクター キム・サブ』『愛の温度

リュ・ウノ役/アン・ジェヒョン
『シンデレラと4人の騎士』『ディア・ブラッド~私の守護天使』『雪蓮花』

カン・サラ役/イ・ダヒ
『推理の女王2』『秘密』『君の声が聞こえる』『恋愛ワードを入力してください

あらすじ

youtu.be

女優主演賞を受賞する瞬間に、会場から逃げ出したハン・セゲ。その直後、彼女は知らない男の姿に変わっていた!?トップ女優のセゲは、月に1週間他人に変わる秘密を抱えていた。その秘密を知っているのは親友の二人だけ。一方、ソンホグループのティロード航空の本部長ソ・ドジェは、授賞式の脱走事件でイメージが悪くなった自社モデルのセゲを探し、彼女がいる病院に訪れるが…他人の顔が見分けられない顔面認識障害を持つ彼は、目の前にいるセゲを見分けられず、二人は最悪な出会いをする。セゲはモデル契約の解除を要求するが、ドジェは彼女のイメチェンを成功させ、その代わりにセゲとある契約をする。その後、一緒に行った仕事先の慶州(キョンジュ)から帰る飛行機の中で、セゲの姿が変わってしまい…。月に1週間他人の姿で生きてゆくハン・セゲと、他人の顔が見分けられないソ・ドジェの特別なロマンスが今始まるー!

韓国・中国・台湾ドラマ 僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~ | BS11(イレブン)|全番組が無料放送より引用





感想

ファンタジーが得意ではないので、視聴前は楽しく観れるか心配でしたが、変身のひとつひとつにエピソードや意味づけがあって、予想よりずっと楽しく観れました!

好き度🍙★★★☆☆

映画との違い

原作となった映画『ビューティー・インサイド』は、主演のハン・ヒョジュ演じる女性と、寝て起きるたびに姿の変わる青年とのラブストーリー。

f:id:kyonbokkun:20210623113944j:plain:w450
出典:뷰티인사이드

2015年韓国公開、翌年には日本でも公開され、上野樹里が出演したことでも話題になりました。


ドラマ版では姿が変わるのは女性で、ひと月に1週間別人の姿になるという設定に変更されています。また、男性主人公も人の顔が見分けられない相貌失認症という設定で、映画よりも複雑な設定。

Beauty Inside=内面の美しさ、外見が変わってその人を愛せるかというのがドラマ映画共通のテーマですが。

数年前、この映画を観たあとの私の感想

「外見が変わったら愛せそうもない」
(ひとでなし)
「どちら様ですか?とか言っちゃいそう」
(最低)

「寝て起きるたびに外見が変わる」という設定に入りこむには、2時間という時間はあまりにも短すぎた…

(ヒョジュちゃん超かわいい&イケメンがたくさん出てくる&映像が美しく、見て損はない映画だとは思います!)

なので、今回ドラマは半目で視聴したのですが、変身してしまうハン・セゲの苦悩とか悲しみを、時間をかけて説得(?)してくれて、ドラマならではの軽さもあり、映画よりは感情移入しやすかったと思います!

僕が見つけたシンデレラとは

ドラマの原題は映画のタイトルと同じく「ビューティーインサイド」

「僕が見つけたシンデレラ」という邦題にはどんな意味が…?

と思っていたら!!


1話冒頭、変身しそうになる予感を感じたハン・セゲが、映画大賞の授賞式会場から走って逃げる途中、ハイヒールを片方落としてくるんですよ!限定モノのハイヒール!リミテッドエディション!


なるほどな~
だから「僕が見つけたシンデレラ」か~

この靴をヒントにハン・セゲを探しだすんだな~

きっとどこかのタイミングでさっとハイヒールをだしてきてプロポーズしたりとか~?


そんなわけねぇ


シンデレラエピソードは特になく、落としたハイヒールを持ってシンデレラを訪ねてくるのも「僕」ではありませんでした。

ほんと毎回よくこんな邦題思いつくよなぁと感心します(白目)

f:id:kyonbokkun:20210619113251j:plain:w450
出典:JTBC

主人公のシンデレラ…ハン・セゲ演じるのは「浪漫ドクター キム・サブ」や「愛の温度」のソ・ヒョンジン。

ソ・ヒョンジンの女優役がとても似合っていて良かった!

男性や子供に変身した時の姿を目撃されて「男遊びが激しい」「隠し子がいる」などと噂になったり、変身するたびに現場から逃げだすため、スキャンダル女優のレッテルを貼られているのですが。

セゲがスキャンダル女優なのは変身のせいだけじゃなくて、正義感ありすぎる性格で、記者やカメラの前でもはっきりモノを言う(悪い奴をやっつけてしまう)せいでもあって。

1週間他人の容姿に変身してしまうという重大な秘密を抱えた女性が、女優という目立つ職業をふつう選ぶぅ~?とつっこみつつも、セゲの正義感あふれる性格がストーリーを動かしていく部分でもあり、この性格のおかげでセゲのこと好きになれたな~と思います。


セゲの変身の秘密を知っているのは親友ふたり。

セゲの所属する事務所の代表で初めてセゲが変身した時に一緒にいた親友ユ・ウミ(ムン・ジイン)と、神父になるため神学校への進学費用を稼ぐためアルバイトにあけくれる美少年リュ・ウノ(アン・ジェヒョン)

f:id:kyonbokkun:20210619113306j:plain:w450
出典:JTBC

アン・ジェヒョンは4人の騎士以来でしたが、あいかわらずの美肌♡

純粋で優しくてかわいくて、今まで見たアン・ジェヒョンの役の中で今回のアン・ジェヒョンがいちばん好きかも。

変身したセゲがこの親友ふたりと行きつけの飲み屋で飲むシーンが好きでした!


相貌失認

一方、人の顔を認識できない相貌失認症の男性主人公ソ・ドジェを演じたのは「この恋は初めてだから」のイ・ミンギ。

今回もお得意(?)の無表情演技が光っていました。

その無表情さが私は苦手なのですが、無表情なぶん、たまに笑うとたまらんかわいくてギャップにやられて嫌いになりきれないっていうズルい男。

f:id:kyonbokkun:20210619113247j:plain:w450
出典:JTBC

相貌失認とは脳障害による失認の一種で、顔を見ても表情の識別ができない、誰の顔かわからないといった症状を指します。

ブラッド・ピットが病気を告白したことで広く病名を知られることになりましたが、人の顔を覚えにくいという軽度のものから、重度の症状になると他人の表情がわからなかったり、鏡にうつった自分を識別できず話しかけてしまうこともあるとか。

今作の男性主人公ソ・ドジェは人の顔の区別がつかないものの、表情は読み取れ、声や仕草、服装から人を識別しています。

ドジェを失脚させようとする役員から身を守るため、相貌失認のことは母親と秘書しか知らない秘密。

会社ではいつも隣にいる秘書が助けてくれるんだけど、この秘書さんがすぐに賃金アップを要求してくるところが実に好感が持てる(^^)/

f:id:kyonbokkun:20210623113705j:plain:w450
出典:JTBC

秘書さんを演じたイ・テリ、太陽を抱く月でチョン・イルの青年期を演じた時から全然変わってないですね!あまり大きな役はしていないけど、地味に好きな俳優さんです!

この秘書さんが無表情なイ・ミンギのかわいいところをいろいろ引き出してくれてて愛せるコンビでした。

f:id:kyonbokkun:20210623113723j:plain:w450
出典:JTBC

あと、相貌失認の治療で、秘書さんと一緒に水槽に泳ぐ魚たちの名前を当てていく訓練、あれ普通の人でもむずかしくないですか?私だけ?一般的に
みんな魚の顔の見分けついてるん…?
せめて犬とか猫とか哺乳類でお願いします…


ドジェとライバルでもある義理の妹カン・ソラ(イ・ダヒ)との関係の変化や、ソラとリュ・ウノのもうひとつのラブラインもかわいくて良かった。
強火の年上女と年下の天使くんの組み合わせは癒し♡

義妹の恋の相手にえらそうにするイ・ミンギかわいらしく。
(苦手なはずなのに嫌いになれないズルい男)

f:id:kyonbokkun:20210624012133j:plain:w450
出典:JTBC

イ・ダヒはファッションのせいもあって「恋愛ワードを入力してください」の時のそのまんまって感じでした。


変身したセゲたち

今作のいちばんの見どころは変身したハン・セゲたちだと思います!


登場順に紹介していきたいと思いますが、
ここからはネタバレがありますのでご注意ください。












■演:キム・ジュニョン ■
授賞式で変身しそうになって逃げだしたセゲが間一髪で逃げ込んだ車内で変身。ドレスを爆散させたハン・セゲ。

f:id:kyonbokkun:20210620152346j:plain:w450
出典:JTBC


■演:キム・ソンリョン■
ドジェと一緒と飛行機の中で変身したハン・セゲ。

f:id:kyonbokkun:20210620152342j:plain:w450
出典:JTBC


■演:ソン・スク■
回想出演。ヨーロッパ旅行中に初めて変身したしたセゲ。

f:id:kyonbokkun:20210620152353j:plain:w450
出典:JTBC


■演:コ・ギュピル■
回想出演。男になることもあると示したハン・セゲ。

f:id:kyonbokkun:20210620152349j:plain:w450
出典:JTBC


■演:キム・ミンソク■
ドジェのベッドの中で変身したハン・セゲ。

f:id:kyonbokkun:20210620152357j:plain:w450
出典:JTBC

私の大好きなキム・ミンソク(*'ω'*)

やっぱりミンソクの演技が好きだー!!!

「僕が見つけたシンデレラ」はほぼキム・ミンソク目的で見たので親の欲目かもしれないけど、変身したハン・セゲの中で一番印象に残りました(いつ産んだっけ?)

f:id:kyonbokkun:20210619113237j:plainf:id:kyonbokkun:20210619113217j:plain

かわいい…

酔っぱらってる時の女性っぽい動きや話し方、ドジェに髭剃りしてもらうシーンのドキドキ感とか、本当にキム・ミンソクの演技が好き。

イ・ミンギの大人の魅力とキム・ミンソクの少年ぽいかわいさで、内心BL的な楽しみ方をしてしまいました(楽しみ方は自由ですキリッ)

撮影時の年齢28歳なんで、さすがにドジェの母がひとめで高校生と思い込むのは無理あるよな~とは思いつつ、キム・ミンソクの制服姿はありがたく拝見いたしました。


演:キム・ミンソク、声:ソ・ヒョンジンのコメディー&サイダーシーン
www.youtube.com




■演:ラ・ミラン■
お母さんの最期の変身してしまったハン・セゲ。
ラ・ミランさんも演技すばらしい…

f:id:kyonbokkun:20210620152402j:plain:w450
出典:JTBC


■演:ムン・ウジン■
映画撮影中に変身したハン・セゲ。

f:id:kyonbokkun:20210620152405j:plain:w450
出典:JTBC

子役のムン・ウジンくん。
キム秘書は一体なぜ?」のパク・ソジュン「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョン「私の国」のヤン・セジョンなど、数々の主役の子ども時代を演じていて、演技が上手なのは知っていたけれど、今回あらためてうまいな~と唸り声がでました!

シリアスで悲しいシーンの演技はもちろん、セゲのお母さんの前のコメディー演技もとってもかわいかった!

f:id:kyonbokkun:20210619113300j:plainf:id:kyonbokkun:20210619113233j:plain

前々からナム・ダルムくんに似てるとは思っていたのですが、彼は将来ぜったいにイケメンになりますよ…10年後が楽しみだ…


「エギやー」って言ったらおまえもこどもだろ?って言われて「おいチング」って言いなおすところ好き。
www.youtube.com




■演:チョン・ヨンウン■
このまま戻らなかったらどうしようと恐怖を感じさせるハン・セゲ。

f:id:kyonbokkun:20210620152409j:plain:w450
出典:JTBC

OST

OSTがどれもおしゃれ!!

The Beaty Inside / Vincent

おしゃれ!



Cloud / Rothy

おしゃれ!!



Falling In Love / Davichi

安定のダビチ

最後に

全体的に甘々な演出や鳥肌が立つようなくさい台詞があるものの、最後まで楽しく観れました。

イ・ミンギもしかしてコメディーもけっこういけるタイプなんじゃないかと思うので、いつかかなりコメディにふりきったラブコメにでてほしい!!




画像はすべて
뷰티 인사이드 | 프로그램 | JTBCより引用しています