景福宮に行きたい

景福宮に行きたい

삼각김밥은 경복궁에 가고싶다

韓国ドラマ「ドドソソララソ」感想 イ・ジェウクが年齢不詳すぎる

すべてを失っても笑顔を忘れないピアニストがたどり着いた小さな町

懐かしい旋律が、愛と希望、そして自分がいるべき場所を教えてくれる


出典:KBS

作品情報

原題 도도솔솔라라솔(ドドソソララソ)
KBS
2020.10.7~11.26

演出

キム・ミンギョン
『最高の離婚』(共同演出)

脚本

オ・ジヨン
『ショッピング王ルイ』『私の恋したテリウス~A Love Mission~』

キャスト

Ara / ク・ララ役
『応答せよ1994』『花郎』『ハンムラビ法廷』『ヘチ 王座への道』

イ・ジェウク / ソヌ・ジュン役
『アルハンブラ宮殿の思い出』『恋愛ワードを入力してくださいwww』『偶然見つけたハル』『天気が良ければ会いにいきます

キム・ジュホン / チャ・ウンソク役
スタートアップ』『サイコだけど大丈夫』『浪漫ドクターキム・サブ2』『ボーイフレンド』

あらすじ

youtu.be

裕福な生活から一転、すべてを失っても笑顔を忘れないピアニストがたどり着いた小さな町。懐かしい旋律が、愛と希望、そして自分がいるべき場所を教えてくれる。
Netflixより引用



感想(ネタバレなし)

※基本的にネタバレはありませんが3話までのあらすじに触れています
また、一部内容が推測できる文章があります。

好き度🍙★★★☆☆

ク・ララ(Ara)のキャラが濃い

裕福な暮らしから一転すべてを失ったピアニストが、新しい街で人々と出会い、癒し癒されていく物語。

この手のラブコメ、主な視聴者は女性が多いと思うのですが、Ara演じる主人公、ク・ララのキャラクターがなかなか癖が強くてですね


出典:KBS

仔犬のようなふわふわヘア
PINKHOUSE風ふわふわのファッション

性格もふわふわ

愛されて何不自由なく育った子特有の無神経さや図々しさがあり
次から次へと要求する欲しがり屋さん

「女に嫌われるタイプの女」の内角ギリギリを攻めてくるキャラクター


出典:KBS

ララが経済的精神的にソヌ・ジュン(イ・ジェウク)に依存していくにつれて (お…おぅ…こっちのタイプのお話ですか…) と途中リタイアの予感しかありませんでした。

脚本はオ・ジヨン作家。
仔犬のような笑顔で浪費しまくる伝説のヒモ男こと「ショッピング王ルイ」を書いた作家さん。寄生虫と宿主が恋に落ちる話がお好みなのかな。


とりあえず半分目をつぶって視聴したのですが、なんと3話あたりから急にララが好きになってくるという、まさかの大逆転劇‪‪!!!

ララはですね、ショッピング王ルイとは違って、なんと

働くんです!!!
すごーい!えらーい!


出典:KBS

自分にできることはなにかなって考えて、がんばるんですよ!

えらいわー
がんばってるわー
(ショッピング王ルイのおかげで下がりに下がったハードル)

ジュンに依存しているときには無神経で図々しくてわがままに見えてたララの楽天的な性格が、とたんに明るくて前向きで素直に見えてくるマジック。

ララは素直で明るくて、そして人をよく褒めます。

「この料理が清潭洞の有名レストランより美味しい」とか「ヘアメイクのセンスがプロ並みに上手」とか。褒め上手。

これはララを育ててくれたお父さんの影響が大きくて、演奏を間違えても、才能がなくても「ブラボー!」と褒めてくれるお父さん。そんなお父さんに愛情いっぱいに育てられたララが、今度はたくさん人を褒められる女の子になって、まわりを温かい気持ちにしていく、そんなお話です。


出典:KBS

なにかとララを助けてくれる働き者のフリーター、ソヌ・ジュンの過去が少しづつ明らかになりつつ、ふたりのラブも進行しつつ、事件も起きつつ。

ロマンスパートは「電話口で寝るまで歌ってあげる」「自転車ふたり乗り」「夜景の見える公園で語らい」など王道コンテンツがもりだくさん。

タイトル「ドドソソララソ」のきらきら星以外にも、たくさんピアノの演奏が聴けて、ピアノの音色に癒されます。

各エピソードの最後に挿入されるエピローグも好きでした。


主要キャストの年齢不詳さ

ファッションのせいもあるけど、主演のふたりが年齢不詳、正体不明な生物なのがキャラクターを引き立てていて良かったです。

以下、年齢は2021.5月現在のもの。

Ara / ク・ララ


出典:KBS

1990年2月11日(31歳)/168cm

ク・ララの年齢設定は24歳。
Araってもう30代だよね。
さすがに24歳は無理がある…とは正直ちょっと思いますが

ララのふわっふわのファッションと、Araの仔犬のような茶色くて丸い瞳とまるっこい雰囲気が合っていてかわいかった。

これまで気が強くて男勝りな役が多かったけど、実はすごく女の子らしいお顔立ちなことに気がつきました。

それにしてもいつも思うが、瞳の色がカラコンしてるみたいに茶色いわ。

後半、髪型変わりますが、韓国人が待っているパーマのイメージについて考えさせられます(参照)


イ・ジェウク / ソヌ・ジュン


出典:KBS

1998年 5月 10日(23歳)/187cm

これまで、つねに眉間の険しい意地悪男か(偶然見つけたハル)わかめでビンタされているところ(恋愛ワードを入力してください)しか見たことなかったので、やっと普通の役やってるイ・ジェウク氏と会えました(笑)

年齢不詳とはこの人のことですね。

偶然見つけたハルでは高校生役、恋愛ワードでは30代手前の役でしたが、私の目にはどうしても30代に見えるのですが(汗)

老け顔…雰囲気がとても落ち着いてらっしゃるから…

偶然見つけたハルは、ずっと制服姿だったのが違和感ありすぎて(汗)

実年齢はAraとは8歳差だけど、私の目には30歳のイ・ジェウクさん、年齢差は気になりませんでした。


キム・ジュホン / チャ・ウンソク


出典:KBS

1980年3月1日 (年齢 41歳)/180cm

年齢差が気になったのはこっち。
ク・ララが24歳設定なので、おじさんがあしながおじさん的ポジション目指しながら若い子に手を出しているように見えちゃって。
ウンソク先生はもうちょっと若々しい感じの人のほうが良かったかも。

Araとは10歳差だけど、イ・ジェウクとは18歳差。

まとめ

前半は知らない街にやってきた女の子ががんばる、優しさに~包まれたなら~な話なんですが、イ・ジェウクの過去が明らかになるにつれて話が暴走し始めます。

後半はなんかの詰め放題やってんの?ってくらい詰め込んだ感があり。

特に最終話の最後数分はまじで視聴者なめてんな夜道は気をつけて歩いてくださいね?っていう展開。

でも昔の韓国ドラマこんな感じだったよな~って思い出して懐かしくなったので許しました。(何様)


前半は★4、後半は★2で。
総合的には★3です。

癒し系のラブストーリーが見たい時にいいと思います!




画像はすべて도도솔솔라라솔 | 디지털 KBSより引用しています




■ 合わせて読みたい ■
kyonbokkun-onigiri.com
kyonbokkun-onigiri.com
kyonbokkun-onigiri.com