景福宮に行きたい

景福宮に行きたい

삼각김밥은 경복궁에 가고싶다

韓国ドラマ「アンナラスマナラ -魔法の旋律-」感想 あなたはマジックを信じますか?


出典:Netflix

作品情報

原題 안나라수마나라(アンナマスマナラ)
2022.5.6よりNetflixにて配信開始
Netflix制作
全6話

演出・脚本

演出:キム・ソンユン『恋するジェネレーション』『雲が描いた月明り』『梨泰院クラス』
脚本:キム・ミンジョン『恋するジェネレーション』『雲が描いた月明り』

キャスト

チ・チャンウク / リウル(魔術師)役
『奇皇后』『ヒーラー』『あやしいパートナー』『僕を溶かしてくれ』『都会の男女の恋愛法

チェ・ソンウン / ユン・アイ役
映画『スタートアップ』『怪物』

ファン・インヨプ / ナ・イルドゥン役
『ノクドゥ伝』『18アゲイン』『女神降臨

あらすじ

廃れた遊園地に暮らす魔術師の手にかかれば、どんな悩みも明るい希望に早変わり。そのマジックは、厳しい現実を生きる高校生に、未来を信じる力をくれる。
Netflixより

youtu.be




感想(ネタバレなし)

同名ウェブトゥーンを原作としたNetflix制作の全6話短編ドラマ

驚きました~
チ・チャンウク最新作はまさかのミュージカルドラマ!

新たなことに挑戦し続ける韓国ドラマの探求心は本当にすばらしいなぁと毎回驚かされます。そしてそれをこの完成度で仕上げてくる実力!(ユミの細胞たちの感想でもまったく同じこと書いた)

Netflix制作だからより挑戦できるというのもあるのでしょうが、こういう試行錯誤が韓国ドラマが進化をつづける理由なんだと思います。

今回はネタバレなしで書いていますので、よろしければお付き合いください。
(劇中のスチール写真を引用して掲載しています)

好き度🍙★★★★☆


出典:Netflix

初めて予告を見た第一印象があまりにも「グレイテスト・ショーマン」だったので、やや不安を感じつつの視聴でしたが(二番煎じには厳しい)予想以上に楽しめました!

というより、開始10分で心掴まれた☆
(ミュージカル大好きっ子なので)

壮大なファンタジーを想像していましたが、予想よりもずっとファンタジー色はなく、小劇場の演劇を見ているような感覚に近い。

むしろ最近の韓国ドラマらしいメッセージ性のあるドラマで、夢や童心、お金、学歴、他人の視線など、どう生きるかについての物語なので、誰が見ても共感できる部分がありそう。



主人公のユン・アイ(チェ・ソンウン)は両親が出て行った家で妹と暮らす高校生。バイトでなんとか生計を立てながらも、学校では優秀な成績を出してきた。


出典:Netflix

ある日、近所の廃遊園地の跡地で自らを本物の魔術師と称する謎の人物と出会う。怪しげな服装に妄言。初めは相手にしないアイだったが、ある事件をきっかけに徐々に心を開きはじめる。

怪しげな魔術師リウルを演じるのは、これまでもドラマでたびたび歌ってきたチ・チャンウク。声がね~良いよね~顔も良いけどね~


出典:Netflix

魔術師登場の導入がやや突飛な感じがするのですが。
突然歌い出すミュージカルスタイルの前ではさほど突飛でない気がしてくるので、ミュージカルは偉大。

初めはボロボロで怪しく小汚いマジシャンに見えるチャンウク。
主人公たちの心の変化と共に魅力的に見えるように少しずつ身なりをきれいにしていくという、韓ドラでよくある手法を使っていて

チャンウクに品がありすぎるせいか「わざわざ小汚くしている」感じがして、はじめはドラマの世界観に入り込むのに苦労しました。


出典:Netflix

しかし、まぁこのお顔に

「あなたは…マジックを信じますか?」

って聞かれたら信じるしかないし

誘われるままにマジックを習ってアンナラスマナラするしかない。


大人になれないままの美しい魔術師リウル。天真爛漫さの中に感じる危うさ…サスペンスの香り…

映画「ハウルの動く城」のハウルに近いものを感じていたら、同じことを感じる方がたくさんいるみたい。
チ・チャンウク、Netflix「アンナラスマナラ -魔法の旋律-」のキャラクターはハウルに似ている?“恥ずかしいけれど…” - Kstyle



出典:Netflix

ユン・アイを演じるチェ・ソンウンが大人っぽく、また「怪物」での印象が強いせいか、とても高校生には見えなかったです…きっとユン・アイの置かれた過酷な環境のせいで大人びているんだな…ということにしました。


不幸な境遇の中で「早く大人になりたい」願う主人公の自己憐憫が見ていてややうんざりしてきますが、それ以外はミュージカルと親和性があって見やすいストーリーだと思います。

ミュージカルドラマは音楽の力が大きいので、音楽が心に響いて記憶に残れば成功だと思いますが、私はしばらくOST聴きまくっているくらい大好き♡

音楽は「マイ・ディア・ミスター」「シグナル」などを手掛けた音楽監督のパク・ソンイルと作詞家のキム・イナが担当。


出典:Netflix

なかでも、ファン・インヨプが演じるナ・イルドゥンの心の奥を描写するようなミュージカルシーンがとても印象に残っています。

ミュージカルだからできる表現。

イルドゥンの心の中を直接のぞいているような感覚。


出典:Netflix

学歴社会、親からの過度の期待など、韓国ドラマではよく見られるテーマも、こういう演出になるとまた違って見えておもしろいですね。

これでこそミュージカル様式にする意味があるよな~と唸った場面でした!


そして、今作でとても印象に残ったのが、ファン・インヨプの演技力。


出典:Netflix

18アゲイン」「女神降臨」と不良っぽいワイルドなイメージが強いですが、今作では両親の定めた道を歩く優等生のナ・イルドゥン役。

演技が良い、歌もいい、上記のシーンではひきこまれ、これまでの役柄とのギャップもあって、今作で大好きになってしまいました(すぐ好きになる)

18アゲイン」の感想で若いころのキム・ウビンと書いたけれど、イルドゥン役でキム・ウビンとはちがう別の魅力を見せてくれてありがとう。

(キム・ウビンはキム・ウビンで、イニョプはイニョプなんだから比べることなんかないのよ。ただ似ているというだけ)


出典:Netflix

3作連続高校生の役のファン・イニョプですが、実際には1991年生まれの31歳というから驚き。お肌つるつるすぎんか?

チ・チャンウク1987年7月5日 (年齢 34歳) 182cm
チェ・ソンウン1996年6月17日 (年齢 25歳)161cm
ファン・イニョプ1991年1月19日(年齢31歳)185cm
(年齢は2022.5月現在)

きれいな顔してるだろ…チャンウクと3歳しか変わらないんだぜ、これで…

チャンウクの経歴が長くて、イニョプが遅咲きのせいもあるけどとても3歳ちがいに見えない。3歳しか変わらないチャンウクを劇中とは言えアジョシ(おじさん)と呼ぶイニョプにじわじわくるものがあります。

(チャンウクがおじさんかどうかという議論はいったん置いておいて)

出典:Netflix


魔術師は何者なのか?
つっこみどころはありつつも、全6話の中にメッセージ性とミュージカルの魅力ぎゅっとと詰まった作品です。

スタッフが観客となって見送るカーテンコールでは、私もスタッフになったくらいの勢いで感動しました。イルドゥンの両親役のユ・ジェミョン、キム・ヘウンを含め豪華メンバーが一堂に会したのも感激。


そういや、韓国ドラマの最終回のエンドクレジットで制作風景のショットが見れるの、昔はお決まりでしたが、最近はめっきり減りましたね…あれ大好きだったのに…


*オープニング
*イルドゥン内省のシーン
*カーテンコール

と各5回ずつくらいは見ました!

ミュージカル映画がお好きな方はぜひ。
苦手な方は、ぜひ最初の10分だけでも見てみてください!